【脱税してるかも】UberEatsは確定申告必要な理由

お金の教養
Uber配達員
Uber配達員

最近ブームになってきたUberEatsですが、

あれって確定申告いるんですか?

こんな悩みを解消します

都内ではよく見かけるようになったUberですが、稼いだ収入って確定申告が必要なのかな?と感じた方は少ないかもしれません。まだまだ流行ってきたばかりで規制も緩く、知り合いからも「そんな稼ぎすぎなきゃ大丈夫だよ」と言われてほっといている人もいると思います

今回はそんなUber配達員の人が確定申告必要なのかをお話しします

ぜひ最後までお付き合いください!

結論:確定申告が必要

結論から言うと、Uber配達員は確定申告をする必要があります

そもそもなんですが、Uber配達員の人たちは雇用されているわけではありません。仕事をしたらした分だけ成果が発生するので仕事をしないと当然もらえない

なので人によってはマッチングしなくて全然稼げなかったり、逆にたくさんマッチングする日もあって稼げたりもする。つまり雇用ではなく、1つの事業をして捉える必要があります

そうすると、雇用されていないということは自分で確定申告をして年末に税金を確定させないといけませんよね。今まで会社がやっていた年末調整を自分で行うということ

Uber配達員をしている人は確定申告が必要だと知っていたうえで始めた人はきっと少ないでしょう。なぜなら今まで全部会社がやっていてくれたので納税の意識があまり教育されていないからですね

確定申告の大きな勘違いについてもまとめているので参考にしてみてください!

確定申告しないと脱税!

教えられていないので仕方ないことですが、知らないまま放っておくと脱税になります。まさか自分が脱税!?って思っちゃいますよね。

金額がいくら小さくても収入を得てしまったら脱税です。恐ろしい…

けれど、もし1年間の間で確定申告を忘れて脱税になってしまっても、いきなり逮捕にはならないのでご安心ください

でももしかすると税務署から電話や訪問が来る可能性もあるかもしれないので必ず確定申告しましょう

税務署は私たちの口座を全部見る権限があるので、税務署の人が「この人、Uberから給料じゃない入金があるのに確定申告してない。どういうことだ?」ってなって取り調べされてしまう可能性があるわけですね

必ず確定申告しよう!

賢く確定申告する方法

じゃあ実際に確定申告するときにどうすれば1番楽に済ませられるかなんですが、確定申告はそもそも自分の所得税を確定して税務署に提出すること

そしてその所得税を確定させるためには給料から控除、経費、青色申告などを引いて計算していきます。そして差し引いた後の給料を×税率で計算します

この時1番事業において重要になってくるのが「経費」になってきます。経費は自分の事業に関わりがあるものなら経費として落とすことができます

Uberで経費になりそうなものは、車両費、ガソリン代、交通費、設備費、ヘルメットなどのUberの仕事をするうえで必要なものはすべて経費にできます

経費になる割合なんですが、これは仕事にどれくらい関わるかによって決まります。数字のルールは明確にはないので、経費になる根拠を税務署の人に説明できればOKです

詳しくはこちらで解説しているので不安な人は読んでみてください!

なので仕事にちゃんと関係していれば、服でも食事でも経費に落とすことはできます。例えば食事だったら、仲間と食事をしながらどこが効率良く収入を稼げるか会議する場合とか

Uberに限らず、副業や事業をするときは経費をうまく使って税金を安くしていくことが超大切です。世の中与えられたルールをうまく使う人が勝ちます

一通りの仕組みを理解したところで確定申告をするときは、まず売上を記入していきます。そして通帳に色々記入したり、経費を書いたり領収書まとめたり、、、

と、これがまあ面倒くさいんですね。なので会計ソフトを使って楽に終わらせてしまおうということです。会計ソフトを使えば半自動でやってくれるし、freeeという会計ソフトならスマホ1つで済ませられるソフトもあります

freee含め、おすすめ会計ソフトをこちらの記事では紹介しているので楽したい人はぜひ使うことをおすすめします。時間もストレスもかかりません

スマホで確定申告ができれば超便利ですよね。待ってる好きな時間に領収書を撮影すれば自動で取り込んでくれるしパソコンを開く必要がないから出先でも簡単にできる

ネットバンクやクレジットカードとの連携も可能

そして最後の確定申告書を作るときも〇×形式みたいに情報を打ち込んでいくだけで確定申告書ができちゃうんです。便利すぎませんかこれ!って感じです

もっと言うと、自分が払う税金の総額も日々情報を打ち込んでいけば自動でシミュレーションしてくれるので、自分がいくら払うのか把握して、このくらいお金は残しておかないとダメだというリスクもカバーできます

一応申し込みリンクを張っておくので時間と手間を節約したい方はチェックしてみてください!無料でお試しもできます

ということで今回はUber配達員の方の確定申告について解説しました!確定申告は面倒くさいですが義務なのでやらないといけないものです。

どうせやるなら楽とお得をしたいのでぜひ会計ソフトや経費を利用して確定申告してみてください!当ブログではこのような税金の知識や節約術を解説しています!

お金の知識は学校では教えてくれないけど一生使う知識なので、ぜひ勉強していきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました