【学生でも実践しやすい】財布からお金を逃がさない方法

おすすめ本紹介
学生
学生

バイトしてても貯金が増えない

あるだけ使っちゃうんだけどどうしたらいい?

こんな悩みを解消します(もちろん学生じゃなくても可能)

「バイトしててもいつも使い切っちゃうんだよな~」「月末お金なさ過ぎて無理」「すぐ何か買っちゃう」などなどこんな悩みが世の中にはありふれていますね

特に学生の人はバイトの給料を計画的に使っている方の方が少ないのではないでしょうか?

今回はこんなお金が貯まらない悩みを解消すべく、財布の紐を固く閉じる方法を伝授していきます。大きな貯金を一気にできる方法ではないですが、紹介することをコツコツ続けていけばやる前とは雲泥の差ができていると思います

貯金しながらいつも通り楽しい日常を送れる節約法なのでぜひ最後までお付き合いください!

節約法①コンビニに行かない

1つ目はコンビニに行かないことです

「1つ目から学生殺しだー!」「学校帰りに最寄り駅のコンビニでみんなで買うのが楽しいんだぞ!」なんて声が聞こえてきそうですが(笑)

コンビニの商品は基本的に高いんですよね。スーパーで買えば70円程度で売っている飲み物がコンビニだと倍以上の150円くらいします

某大手コンビニの3社が130万枚のレシートからお客さんの買い物金額の平均金額を分析したところ、1回あたりの平均金額は約500円だったそう

コンビニはこのようなデータを元に、どの時期にどういう商品を売ればみんなが買ってくれるかを分析しているのです

そこにまんまとはまってしまうと財布からお金が逃走してしまうのです

毎週1回放課後にみんなで集まって500円使ってしまうと1か月で2000円も使ってしまいますからね

コンビニは「ついでに」で無駄なものを買ってしまう恐れが高い場所です

節約がしたい人は絶対避けたい魔の場所ですね(笑)絶対に行かないとは言いませんが、あくまで行きすぎるとダメということです

節約法②お菓子を爆買いすな

2つ目はお菓子です

お菓子美味しいですよね。「ポテチ、クッキー、アイス、どれも中毒性が高くて毎日買ってます!」

こんな人は今すぐやめましょう

お菓子は美味しすぎて爆買い&毎日買ってしまいます。お菓子は値段が安いから大丈夫ではないのです

値段が安くても量が多ければ意味がないし、食べれば食べるほど体に悪い

虫歯、肥満、糖分の取りすぎで病気などを引き起こすリスクも高くなります。病気になれば医療費代がかかりもっとお金が出ていく

こんな悪循環から抜け出すためにもぜひ改善してみてください!お金も健康も守れますからね!

節約法④タバコは吸うな

3つ目はタバコ

節約したいのにタバコを吸うなんてもってのほかです。タバコを吸っている限りお金はいつまでたっても貯まりません

タバコに月5000円以上使っている人はやめるだけで5000円も貯金できるのでタバコだけはやめましょう

お金も健康も大幅に削ってしまう最悪な道具ですからね

節約法④ATMでお金をおろす時に手数料を払わない

4つ目は手数料に関して

コンビニでお金をおろした時などに手数料かかりますよね。1回の手数料が高いわけではないのですが、何回も積み重なるとそこそこな金額にいってしまいます

手数料に鈍いとぼったくり業者などに騙されやすい人になってしまう可能性もあります。払わなくていい手数料は払わないようにしましょう

逆に学生のうちからこの力を養っていけば、将来無駄な手数料を払うことはなくなり貯蓄スピードも上がるると思います!

節約法⑤定期券はクレカで買う

5つ目は定期券

定期券って意外にみんな現金で買ってる人多いと思います。定期代が毎月1,5万円だとすると年間で180,000円かかります

これをポイント還元率1,5%のクレカで買えば年間2,700円お得します。年間2,700円はすごい大きいわけではないけど趣味にも使えるお金が増えるならやって損はないですよね

JR東日本グループが発行しているJREカードは、定期券、クレカ、SUICAが一体になっていて、定期券購入、SUICAのチャージをすると1,5%還元されてお得です

年会費も初年度は無料で翌年からは月額524円

⑥楽天のクレカを使う

最後は楽天経済圏

還元率の高いクレカを使うことでポイントで買い物や固定費の支払いを済ませられて節約することができます

「クレカなんてなんでもよくね~」「学生だから作れるかわからない」という方もぜひ考え直してみてください!楽天なら学生でも充分作れます。詳しくはこちらから↓

まとめ

ということで今回は実践しやすい節約術を紹介しました!お金の管理をちょっと意識するだけで貯金率はかなり変わってきます

まずは大きな固定費を削減するのも大事ですが、こういった日常的な支出を見直すのもとても大事です。誰でもできる節約術なのでぜひチャレンジしてみてください!

当ブログではこのような節約術や無駄なお金を払わない方法を解説していますのでぜひ他の記事も読んでみてください!

もっと詳しい節約法が載っている本↓

タイトルとURLをコピーしました