サラリーマンの節税対策はこれだけやっておけばOK!

お金の教養

サラリーマンの節税って結局

何をやればいいの?

こんな悩みを解消します

サラリーマンには節税対策できることがフリーランスや経営者より少ないのですが、今回はサラリーマンなら絶対にやるべき節税対策を3つ紹介します

これから紹介する3つのことをやれば、収入が増えたり、20~30年後のお金の心配はいらなくなります。

実際、節税対策をやっているサラリーマンは少ないので、やるだけで他のサラリーマンよりアドバンテージが取れますね。いきなり全部やらなくても大丈夫ですが、1個は始めてほしいところです!

お金を増やしたいサラリーマンの人は有益な情報になると思うのでぜひ最後までお付き合いください!

節税対策①ふるさと納税

まず最初はふるさと納税!ですが厳密に言うと、ふるさと納税は税金が安くなるわけではありません(笑)一応税金が関係するので節税に入れています

タイトル詐欺だろ!って思った方は安心してください。税金は安くなりませんが、食費や生活費が超浮きます

ふるさと納税とは、住民税の前払いをするだけで自分の好きな特産品がもらえる制度です。つまり、どうせ払う住民税を先に払っているだけで美味しい特産品がもらえるんです

やらない手はないですよね。こんなおいしいふるさと納税ですら、普及率は20%前後しかないです。この機会にやって上位20%の世界に来ませんか?親に教えても知識の親孝行になります

そんなふるさと納税ですが、唯一のデメリットとしては住民税を前払いするので、その分の資金を予め用意しておかなければいけません

ふるさと納税の具体的なやり方についてはこちらで解説しているので参考にしてみてください!↓

節税対策②iDeCo

2つ目はiDeCo。聞いたことある方もいますかね?最初に言っておくとiDeCoは投資です

「投資でなんで節税になるの~」というと、iDeCoで投資信託を買うとその金額が控除になります。控除は簡単に言うとサラリーマンが節税するために増やさなければいけないものです

その控除が、iDeCoの投資信託を買うことで買った分だけ控除になります(限度はある)

iDeCoを始める方法としては、まず証券口座を作りましょう。口座は手数料が国内最安値のSBI証券か楽天証券がおすすめ

そしてiDeCoを始めたら、必ずやらないといけないことがあります。それは年末調整で、iDeCoをやってるよ、という記載を会社にしなければなりません。正式な控除名は、小規模企業共済等掛金控除ってやつです。正直名前は難しいので、ふーんって感じで大丈夫です(笑)

ですがこれをやらないと節税にならないし、結構忘れがちなので意識しておきましょう

iDeCoは毎月最大で23,000円積み立てられます。毎月23,000円を12ヶ月積み立てると1年で276,000円

276,000円の控除がどれくらい大きいかというと、最低でも41,400円の節税効果があります。しかもこれは税負担が1番軽い場合なので、年収が高ければ高いほど節税できる額は大きくなります

つまり、iDeCoは年収が高い人ほどやったほうがいいです。ここまではiDeCoのメリットを解説しましたがデメリットもサクッと紹介します

iDeCoの注意点やどんな商品を買えばいいのかはこちらで解説しているのでチェックしてみてください!

節税対策③副業リーマンになろう!

最後は副業です!最後にして1番大切なのでみなさんもぜひ始めてほしいところ!ちなみに前提ですが、ここで言う副業はバイトとかではなく、事業のことを指しますので給料制は避けたい

副業は収入を増やすことはもちろん、節税することもできちゃうサラリーマンの救世主。サラリーマンの人が多額の金額を払っている社会保険料も副業にはかかりません

そして副業をやっている人は経費や青色申告控除を使って、サラリーマンの人ができる少ない控除を自分で増やすことができます

何度も言いますが、控除が増えればそれにかかる税金も減るので節税になる

青色申告についてはこちらで解説しているので参考にしてみてください!

経費は簡単に言うと、今までただの支出だったものが節税効果を生みます。例えば副業でブログをやるためにパソコンを買ったとすると、今までは普通に買って終わりだったのに経費にすればそれが控除として節税対策になります

確定申告をするだけでこんなお得が取れるのでぜひやってみてほしいです!

ということで今回はサラリーマンの人は絶対やるべき節税対策についてまとめました!1番取り組みやすいのはふるさと納税なので、まずはふるさと納税からチャレンジしてみると良いと思います

節税の効果が1番でかいのは副業なので、収入を増やすという意味でもぜひチャレンジしてほしいと思います。副業での収入があれば、万が一会社の給料がなくなっても心配する必要がなくなります

iDeCoもサラリーマン関係なくやるべき節税対策ですし、何より未来への資金の蓄えとして準備ができる投資なので老後の準備で必須

当ブログではこのような税金の知識や、暮らしに役立つお金の知識を発信しているので他の記事を読んでくれたらうれしいです!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました