会社員の使えるけど意味ない控除一覧

お金の教養

こんにちはゆーです

今回は会社員の使える控除の中でも使えるけど使えないような微妙な控除について解説します。

控除できるもの片っ端からやって後からあんまり意味なかったとか、「節税になりますよ」なんて言葉に惑わされて実際はそんなことはかった、みたいな後悔しないように今回の記事で勉強していきましょう!

生命保険控除

そもそも生命保険は入る意味がそんなにないです。生命保険控除は最大で12万円までしか控除が受けられないのに、生命保険に入る節税効果は所得税と住民税合わせて数万円程度にしかなりません。数万円得するために多額の保険料を払う必要はないですね。

地震保険料控除

こちらも生命保険料と同じで保険金が出にくい保険です。貯蓄がよっぽどない限りいらないですね

住宅ローン控除

こちらは人によりますが、リセールの高い家を買えるならば活用したほうがいいです。ですがリセールの高い家を買うのはとても難しいです。

住宅ローン控除で数十万円得したけど結局は負債のほうが高い家を買ってしまったら意味がありません

ここでよくある控除の勘違い

よくあるのですが、例えば10円控除だったら10万円税金が下がるわけではなく10万円課税所得が下がるということです。

収入-控除=課税所得

保険会社などはこの勘違いを利用して「~円円節税になるんでお得ですよ」みたいな税金が下がるような言い方をしてくるので要注意です。住宅ローンだけは税金がそのまま下がる制度ですが節税のために家を買うなど本末転倒なのでお気を付けください。

というわけで今回は控除だけど微妙な控除について解説しました

みなさんも言葉に惑わされないよう注意してくださいね!

税金についての正しい知識はこちらの本ですべて理解できます。現役税理士さんが誰でも理解できるくらいわかりやすく解説してます!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました