【誰でもわかる】NFTブームに乗るための基礎を完全解説!

お金の教養

NFTってなに?

これから勉強する人のために

基礎知識を教えてほしい!

こんな悩みを解消できる記事になっています。

最近SNSなどでよく聞くようになってきたNFTという言葉。実は今かなりブームが来ている分野で、仮想通貨界隈でもかなりの盛り上がりを見せています。

そこで今回はこのブームに乗り遅れないように、この記事では『NFTとは?特徴や売買、今後の市場規模』などについて初心者向けに解説していきたいと思います。

この記事を読み終えればNFTの基本は抑えられるので、さらにレベルアップした勉強をするための土台作りができますよ!

※初心者向けなので、言葉やニュアンスはかなりかみ砕いていますのでご容赦ください。

【誰でもわかる】NFTブームに乗るための基礎を完全解説!

NFTとは、Non Fungible Token(非代替性トークン)の略称で、偽造できないデジタルデータのことを指します。

とは言ってもこの段階ではまるで意味が分からないので、もう少しかみ砕いて説明していきますね。

まず、本来のデータは複製が簡単にできたりなど、本や絵などでは再現しにくいデジタル特有の特徴がありました。

しかしそれはデメリットもあり、誰でも偽造ができてしまうということなので、作品本来の価値がわかりづらくなってしまう側面もありました。

NFTの特徴

ですがNFTは、ブロックチェーンという技術を使い、デジタルデータの偽造や改ざんをほぼ不可能にしました。デジタルデータの最大の弱点だった偽造を打ち消したわけです。

ブロックチェーンは偽造ができない帳簿のようなもの

例を挙げるとするならば、本屋にあるワンピースのマンガって同じ本だったらどれを選んでも一緒ですよね。

けれども、世界に1冊しかない、作者である尾田栄一郎さんのサイン付きだったらどうでしょう?めちゃくちゃ価値ありませんか?絶対に偽造なんてできませんよね。

つまり、非代替性とは替えがない希少なものであり、コピーができない唯一無二なものとして価値をつけることが可能なんです。

実際にNFTではこの特徴を活かし、ゲーム内のレアなキャラクター、アート、音楽など、様々な偽造できない作品の価値を証明できる場になっています。

NFTはなぜ偽造ができない?

もし不正をして盗作などを作ろうとすると、ブロックチェーンの仕組みを超えなければいけないので、莫大なお金と機械などが必要になります

機械を動かす電気代だけでざっくり1時間8000万とか必要になります。

電気代だけですよ?(笑)そりゃ誰も不正してまでやりたくないですよね。

ブロックチェーンは世界中の人たちが監視して取引をするし、取引の不正ができても履歴が残ってしまうのですぐバレます。

NFTの背景

今まで暗号資産というと、ビットコインのような金融絡みのことのイメージがあった人がほとんどだと思います。

売買をしたり利息を付けて貸したりなどするので、世間では少し危険なものとして扱われていたのは間違いではないでしょう。

NFTはそんなブロックチェーンの仕組みや暗号資産のイメージや取っつきにくさをなくし、もっと私たちの日常にも広がるきっかけになるような、新しい革命だと考えていただければOKです。

NFTは誰でも作れる

NFTの1つの特徴として、誰でもNFTを作成してアップロードすることができるんです。

ブロックチェーン?暗号資産?と聞くと、どうも難しく考えてしまったり、コンピュータのスキルがとても必要なのでは?と思う方も多いと思います。

しかしそんなことはなく、NFTは作った作品をブロックチェーン上にアップロードするだけでみなさんでも利用することができます。

実際にこの特徴を活かし、多くのアーティストが作品を出品などを始めていて、市場規模は大きくなっています。

2021年の3月にはTwitterの創業者のツイートがNFT化されて3億円で落札しました。これには全人類で話題になりました。

アカウントが売れるのは今までもあったかもしれませんが、ツイートが売れる時代なんて誰が予想したでしょうか。夢がありますよね

NFTの具体的な例

NFTの具体的な例の1つ目として、ゲームがあります。主なNFT作品としては、ゲームが内のキャラを育成して売却したり、価値の高いレアキャラなどをNFT化して売ることができます。

ここで勘が良い人は何か疑問に思ったことがあるでしょう。

ゲームのキャラやレアな物をNFTにしても、そのゲーム内でしか使えないし、ゲーム自体がサービス終了になったらお金の無駄じゃない?

そうなんです。私たちが今までやったことのあるゲームでは、ポケモンをドラクエで使うことはできないし、ドラクエの剣を妖怪ウォッチで装備することは絶対にできません。

NFTの売買の例

ですがブロックチェーンのゲームであれば、自分の持つキャラを売買したりすることができます。

また、一部のゲームでは他のゲームのキャラを使うことも可能です。

こういったNFTはopenseaというサイトやパンタマーケットというサイトで売買できます。

ゲーム内のキャラをNFTにすることができれば、ゲームでお金を稼げるようになる時代を近いかもしれないので、ぜひチャレンジしてみてください!

主なNFTゲームでは、CryptoKittiesや、SANDBOXなど。

他にも著作権に関わる作品の売買にもNFTの特徴が革命を起こしています。

今までは本を買って二次販売、いわゆる中古として売ったり転売をしても売る人には利益が入りますが、本を書いた著者には利益は入らないようになっていますよね。

その仕組みもブロックチェーン上で販売をすれば、二次販売、三次販売しても買われるたびに著者に利益が入るようになっています。そうすることで、著作者への正当な利益還元をすることができるようになります。

NFTの今後の市場規模はどうなる?

NFTは仮想通貨と同じく、誕生してからの歴史は浅いですが、今後の市場規模はさらに大きくなると予想されています。

米国暗号資産情報サイトDappRaderによると、2020年上半期の販売額が1370万ドルだったのに対して、2021年上半期の取引き額は24億7000万円と爆伸びしていることがわかります。

日本でも、coincheckが日本初のNFTマーケットプレイスをサービス開始するなど日本でも徐々に市場が大きくなっていくでしょう。

今はまだ仮想通貨の危ないイメージが先行していて、利用する人は少ないかもしれませんが、coincheckを筆頭に様々な企業がNFTのサービスを展開していき、日常生活にも組み込まれる人も多くなるのではないかと思います。

今でこそ利用者が多いiPhoneも、最初は使う人はすごく少なかったのに今の日本ではiPhoneの方が利用者が多いです。

メルカリだって最初は顔も知らない人の物を買うなんて、、、って感じていたけど今は誰もが使う便利なアプリになっていますよね。

NFTも徐々に浸透していくと思うので、テクノロジーの進化にかけて学んでいきましょう!

当ブログではお金にまつわる便利知識、節約術、仮想通貨に騙されない方法などを解説しています!

ゆるくお金について学べるブログになっていますので、ぜひ見に来てください!おすすめ記事を張っておきます。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました