わずか5分でわかる初心者向けのふるさと納税解説

お金の教養

最近ふるさと納税という言葉をよく聞くけれど、一体何をすればよいのか悩んでいませんか?

実は、この記事で解説する『初心者向けのふるさと納税解説』を学べば、誰でも簡単にふるさと納税ができます。

この記事ではふるさと納税の仕組みを紹介して、ふるさと納税をするための2つの方法やポイントを紹介します。

記事が読み終えると、ふるさと納税を1人で行うことができるでしょう。

やれば食費や生活費が浮くし、豪華な返礼品が届いて幸福度が上がります。ぜひこの記事を読んでやってみてください!

わずか5分でわかる初心者向けのふるさと納税解説

まずふるさと納税とは、自治体に寄付をしてお礼として返礼品がもらえる制度です。

そのあと手続きをすると寄付した金額のうち2,000円以上の部分は所得税、住民税の控除が受けられます。つまり実質2,000円で美味しい食べ物がもらえます

なぜ2,000円なのか

①例えば年収500万円の人が控除限度額の6万円を寄付金として払います(寄付金の額は年収による)

②6万円分の返礼品が届く

③手続きをすると翌年の税金が58,000円控除される

(翌年どうせ払う税金を寄付金として払い、払った金額分が翌年控除される)という仕組みです

ふるさと納税をした場合→負担額2,000円で色々な返礼品がもらえる(選ぶのも楽しい)

ふるさと納税をしない場合→ただ普通に税金を納めているだけ

どうせ納める税金なら寄付をしたほうが気持ちもいいし、返礼品をもらえば食費や生活費が浮いて結果的に節税になる。つまりやらないと損!

ふるさと納税の手順

①控除限度額を調べる→上限を超えると自己負担額が2,000円超える

②寄付する自治体を決める→自分の欲しいものを頼めば👌

③寄付申請をする→楽天やYahoo!などなど

④返礼品と証明書をもらう→一緒に届くので証明書は申請に必要だから保管しておく

⑤税金控除の手続きをする→ワンストップ特例か確定申告

【注意点】

何自治体に寄付しても自己負担額は2,000円だが、6自治体以上寄付するとワンストップ特例が使えなくなる

12月になってしまうと返礼品が品切れになってしまったりするのでできれば11月にはやっておきましょう

自分の納税可能額はサイトでシミュレーションできます

学生さんは税金をまだ納めていないと思うので親に教えてやってみましょう!親孝行にもなるので

楽天ふるさと納税がおすすめ↓こちらからできます!

源泉徴収票を見て自身の寄付上限額を計算してみましょう

ワンストップ特例とは

確定申告せず、ふるさと納税の控除を受けられる仕組み。返礼品とともに届く書類と本人確認書類を自治体に送付するだけです。確定申告や住民税申告の必要がない人、年間寄付先が5自治体以内の人が利用できます😊

こんな感じで税金を納めている人なら誰でも簡単に節税ができてしまうのがふるさと納税です

早速皆さんも始めて豪華な返礼品をもらって豊かに暮らしましょう!当ブログではこのようなお金で得する知識や詐欺やぼったくりに遭わない知識を発信しています

ぜひ他の記事も読んでマネーリテラシーを高めていってください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた!                          

タイトルとURLをコピーしました