日本国民全員お金の勉強が必要な理由

お金の教養

今回は日本国民全員がお金の勉強をすべき理由について僕が思う意見を話したいと思います

※ここでいうお金は、税金、投資などを1つにまとめてます…

結論

結論から言うと、資本主義社会の現代において、お金の知識が最低限ないと経済的豊かになることはとても難しいし、むしろ生き残っていくことすら厳しい状況になっていくと思うからです。老後2000万問題とかも最近よく耳にしますし、何も対策をしなければ将来お金に困るのはもう目に見えています。逆に言えばお金についての知識がついていれば高い確率で経済的に豊かになれると思うし、悪意のあるぼったくり業者などの詐欺に騙されにくくなると思います。

現在のコロナ打撃についても日本人のマネーリテラシーが高ければこんなにも経済的ダメージを受けてないとも思いますよが

そのためにも日本の義務教育にお金の教育を入れることは難しいとしても、高校の授業でお金の勉強を取り入れてほしいなと当時高校生の僕は思っていました。

日本政府の思惑

ですが、お金の勉強を教育に取り入れることは日本政府という強大な機関に立ち向かわなくてはいません。僕が推測なので真実は分からないですが、日本政府はやはりお金の勉強はあまりされたくないだろうなという重いが強く感じられます。お金って生きていく上で絶対避けられないのに。

理由は、日本政府にとって国民から徴収する税金は政府の売上と言ってもおかしくないくらい大きなものですよね。そこについて国民に知識をつけられてしまうと政府としても知られたくないことに突っこまれたり色々都合が悪いと思うので政府としては協力的ではないのかなと感じています。

そしてお金について意識が低い国民から裏ではカモのように搾り取っているんです。学校の教育でサラリーマンをたくさん育て、源泉徴収票の仕組みで無意識に税金を自動で取り続ける。

今は簡単にお金の勉強ができる時代

ですが今の時代、YouTubeなどのメディアの普及によりとても勉強しやすい環境になりました。中田敦彦さんや両学長、大河内薫さんなど様々な著名人がお金の教育について取り上げられています。当時高校生だった僕も、ふとお金持ちになるためには、自由になるためにはどうしたらよいかと考えYouTubeで探しました。そこで先ほどの著名人の方々に出会い、お金の勉強を始めました。

正直僕は一番に時間に縛られない自由が欲しかったのでそのためにはお金について学ぶしかないと決意し毎日YouTubeで勉強したり、本を読んだりして学びました。

本でお金の勉強をするときに読んで損なしのおすすめ2選↓

高校でお金の勉強なんかしてるやつはかなり珍しかったので友達には引かれましたね(笑)

誰でも小金持ちは達成可能?

そんなこんなで勉強を進めていくうちにあることを思ったんです。「あれ、もしかしてお金の知識マッチョになって行動に移していけば誰でも経済的に豊かになれるんじゃないかと」

今までのお金持ちといえば、ビジネス大成功したり、投資で一気に大儲けしたりといったとても常人にはまねできない方法で達成する人に限る話だと思っていました。ですがふたを開けてみればそんなことはなく、誰でも正攻法で小金持ちにはなれる!と思ったのです。

それは、税金の背景をしっかり理解して活用する。投資はまずは積立ニーサを始める。収入の10%は貯蓄する。小さく副業を初めてみる。

これだけで老後の心配はなくなると思うんですよね。ですが、日本国民の大半はこの方法を知らない。だから影響力が小さい僕でも少しずつ発信してお金に対する意識が変わる人を少しでも増やすことができたらいいなと思っています!

長くだらだらと語ってましたが最後まで読んでくれた方ありがとうございます!

お金について学ぶことができる本の紹介もしていますのでぜひチェックしてみてください!読んで実行すれば一生お金に困らない力が身につくと思います!

タイトルとURLをコピーしました