主婦の方必見!一番お得な扶養の入り方

お金の教養

今回は扶養がどんなもので各ポジションの扶養まで完全解説したいと思います。「いまさら扶養なんて聞けないよ~」「パートをしたいけど年収をいくらで抑えればいいの?」なんて悩みを今回の記事で解説していきますのでよろしくお願いします!

税金について興味がある方はこちら↓

扶養には2種類ある

扶養にはまず大前提として、所得税の扶養と社会保険の扶養があります。

所得税の扶養は、扶養する側が得をする(主婦の方が旦那の扶養に入りパートをすると旦那側がお得)

社会保険の扶養は扶養される側が得をする(主婦の方が旦那の扶養に入りパートをすると主婦側がお得)

というように扶養には2種類あるのですが、一般的に扶養の話になると主婦の方々が話すのは社会保険の扶養の話が多いです。なぜなら社会保険料を払わずに稼げて自分が得をするからです。

所得税の扶養

所得税の扶養は給与総額103万円の壁です

ですが配偶者に限っては平成30年以降に150万円の壁になりました。この改正についてもう少し補足をすると、まず先ほど言ったように、103万円の壁から150万円の壁になった

扶養される側は給与150万~201万の間に収まっていればなにかしらお得は取れます。ですが、扶養する側の控除は段階的に所得税控除のお得が減っていきます。

なので1年間の給与所得が150万円を超えてしまうとそれに応じて扶養する側の税金負担が増えていきます。逆に言えば超えてしまっても扶養される側は関係ない

そして扶養する側にも改正がありました。それは、扶養する側の年収が1120万円~1220万円で段階的に所得税の扶養控除が取れなくなり1220万円越えで所得税控除がなくなるという制度です。

要するに、高年収の旦那さんは扶養の所得税控除使えなくなったよという制度です。厳しい法律ですねね…

簡単にまとめると、扶養をする側がお得を取れるか取れないかの話です。お得度は扶養される側の給与で決まり、お徳の壁はまず150万円。そこから201万円になるにつれ、お得が減っていく。ですが、そもそも扶養する側の年収が高すぎると意味がないという感じです。

社会保険の扶養

パートの人が一番気になる話ですね

社会保険の扶養は給与総額130万円の壁です。ですがこの収入は見込みで判断します現時点から未来にかけて130円以上稼ぎそうな場合は社会保険の扶養から外れます。未来の収入だから自分で判定するのが難しいんです。なので確認する場合は各自治体に問い合わせてみましょう。

社会保険の扶養から外れてしまうと、扶養される側が社会保険という重い負担を背負わなくてはいけなくなってしまうので注意です。

ここまでが社会保険の扶養の基礎です

社会保険がどれくらいやばいのかは別記事で解説してます

パートの方の社会保険の扶養

まず、給与総額の見込みが130万円以下だと入ることができます

ですがある条件をすべて満たしてしまうと、106万円以上で社会保険料を負担しなくてはいけなくなりました。その条件がこちら↓

  • 月の収入が8万8000円以上
  • 学生じゃない
  • 雇用期間が1年以上の見込み
  • 労働時間が週20時間以上
  • 正社員が501人以上の会社に勤務

この条件をすべて満たしてしまうと社会保険の扶養から外れてしまうので確認しておきましょう

なぜ106万かというと、月8万8000円を1年間貰うと約106万円になるので106円の壁と言われています。

社会保険の扶養に入りたい人が個人事業主の場合

個人事業主の場合は収入が130万円が超える見込みだと扶養から外れます。個人事業主なので会社から給与を貰う場合と別なので注意です。ですが個人事業主として稼いだ売上の見込みなのか、売上から経費など控除を引いた所得の見込みなのかは自治体によって異なるので自治体に必ず確認しましょう。

社会保険の扶養に入りたい人が起業した場合

起業した場合は130万円の壁はもう関係なくて、自分の起業した会社で役員報酬をもらうか否かで決まります。

社長として役員報酬をもらった場合、その時点で厚生年金に強制加入です。

パート+個人事業主の人の場合の社会保険の扶養

最後はパートと個人事業主で両方の収入を得ている人の場合です。

収入が130万円を超える見込みだと社会保険の扶養から外れます。これはパートの給与+事業の収入の総額なので間違わないように

そしてこの時も事業の収入は自治体に確認してください。確認しないで間違えていた場合、遡り請求で多額の請求をされる恐れもあるので気をつけましょう!

タイトルとURLをコピーしました