【危険】メルペイスマート払いで使ってはいけない機能

お金の教養

メルペイスマート払いとは?

何か危険なことある?

こんな悩みを解消します

メルカリからリリースされた「メルペイスマート払い」をご存じでしょうか?

メルカリ民
メルカリ民

翌月で一括払いするか定額払いするサービスだね!

定額払いの方が月々に分けて支払いができるので、便利そうやん!今まとまったお金がなくても支払える!それでいて計画的に支払いを済ませられる!

なんて思った人もいるのではないでしょうか

ダメです!これ、ヤバイやつです

正確には「定額払い」がヤバイです

手数料で年率15%も取られます

やってることリボ払いと一緒ですからね。スマートって書いておきながら、本当はスマートに無知から手数料を搾り取っていく機能

例えるなら、人生を棒に振る道に足を踏み入れたところ

そこで今回はメルペイスマート払いの機能で気をつけることを解説します!自分を借金の道に踏み入れないようにぜひ最後までお付き合いください!

メルペイスマート払いってなんぞや

冒頭でもお話ししましたが、メルペイスマート払いとは、メルカリがリリースしたスマホ決済アプリのことです

決済方法としては、今月の購入代金を翌月にまとめて清算するサービスです。クレカと一緒のイメージ

そしてメルペイのサービスはメルカリ以外の買い物でも使えます。WEbやネットショッピング、コンビニでも使えます

メルペイを利用するメリット

  • 手元にお金がなくても買える
  • チャージする手間が少ない
  • クレカがなくても似たような支払いができる

メルペイの残高は基本、チャージとメルカリでの売上によって貯まりますが、残高がなくてもスマート払いにして翌月までにチャージしておけば手数料なしで払うことができます

クレカと一緒やないかい(笑)って感じですがまさにそうで、クレカと同じ借金扱いにするとイメージが悪いので「スマート」とつけて良心的なイメージを狙ったそうです

ここまでは何も問題がないようにみえますが、問題はこの後の定額払いにあります

定額払いとはなんぞや

定額払いとはその名の通り、毎月定額で支払っていく機能のこと

例えば、メルペイスマート払いで5万円の買い物をしたとします。翌月支払いで5万円一括で支払わないといけません

けれど1回で5万円請求されたら金額が大きくて支払いがきついですよね。ですが、ここで「定額払い」を使えば毎月1万円ずつ支払いして5回に分けることができます

便利じゃんか!って思った方、口が悪いようですがこれでは浅いです

ですがこの記事を読めばもう解決しますのでご安心を

便利に見える定額払いですが、冒頭でも言ったように一括払いとは違い、15%と高い手数料がかかります

15%って超高いんですよ

定額払いのヤバイ現実

実際に例えてみると、10万円の買い物を毎月5千円で定額払いした場合

1ヵ月分の手数料は100,000×15%÷12=1,250円

元本返済は5,000-1,250=3,750円

月末の返済残高=100,000-3,750=96,250円

つまり毎月5,000円返済していても実際は3,750円しか返済できていないことになります

このままだと全額返し終わるのには2年以上かかります。手数料だけでも32,500円

10万の購入額に対して3割増しで買い物をしていることになる

これはまだ金額が優しい方ですが、金額が高ければ高いほど手数料の割合が増えていき、元本の返済割合より手数料の方が支払ってる、なんてことにもなりかねます

これが定額払いの罠です

メルカリは定額払いをするユーザーからの手数料で丸儲け状態で、永遠と「情弱」から搾り取れる仕組みが完成する状態

搾取されたくないのならこういった知識をしっかりとつけなければいけないんですね

サービスを出すことによって会社にどんな利益をもたらしてくれるのか、裏まで考える必要があります

楽天もリボ払いで1,000億近い収益をあげています。恐ろしい…

ということで今回はメルペイの「定額払い」について解説しました!一見便利そうに見えるサービスですが、手数料が高いからダメだよ!ということが分かったと思います

企業としても儲かるからやるのは仕方ないことですが、こういう形で儲けるやり方はどうなのかなーなんて思ったりします

お金を減らしたくない人はやってないいけない方法です。こんな思いもよらぬ形で借金をするなんて絶対嫌ですよね(笑)

当ブログではこのようなぼったくりや無駄なお金を払わない知識についてたくさん解説しています。宣伝して申し訳ないのですが、よかったらぜひ読んでみてください!

僕はこのようなお金を守る知識を下記の本で養いました。詳しい本の内容は記事で解説しているので併せて読んでみてください!↓

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました