【貯金だけじゃ足りない】将来苦労しない教育資金の貯め方

お金の教養

子どもが生まれるとどうしても必要になる教育資金。しかも子ども1人育てるのに約1000万以上と大金がかかる

1000万なんて簡単に貯まらないし稼ぎ方も知らん!でもわが子には良い学びの環境を与えてあげたい、、、

そんな方に向けて誰でも2000万円を貯める方法を解説していきます。ちなみに今回紹介するのは、ビジネスで一気に稼げ!とかではないのでご安心を(笑)

貯金だけでいいの?学資保険に入った方がいいの?投資を始めた方がいいの?

全て解説しますので、ぜひ最後までお付き合いください!

結論

結論というか前提なんですけれども、まず人によって年収や職業、投資に対しての知識が異なるので何を最優先すべきかは人によって違ってきます

貯金が少ないならある程度の貯金は作っておくべきだし、年収が安定していない職業なら投資をメインにしない方がいい、という感じで状況によって変わります

学資保険に加入する際に意識すること

貯金だけじゃ間に合わないから学資保険に加入するという人に意識してもらいたいのは、確実にお金が貯まるのかと安全性が十分にあるかです。

教育費は使う時期が決まっているからこそ、それまでに貯まるかを把握しておかないといけません。

そして1番見落としがちなのが、インフレリスクです

※インフレとはお金の価値が下がって物の価値が上がること

教育費はインフレが進みやすい部類ですので必ず考慮しないと後で「あれ、予想では足りてるはずなのに足りない!?」ということになりかねないので詳しく見ていきましょう

先ほども言ったように、教育資金は幼稚園から大学まで進学した場合は一般的に1000万円以上かかります

そして1番お金がかかるのは高校と大学ですよね。私立大学だけでも約450万は見積もっておいた方がいいと思います。だから今のうちから貯めておこうとする人が多い

大きな金額がかかるし確実性が求められるから貯金か学資保険の方がいいよね?だと将来足りなくなる場合があります

インフレリスクが抜けているからですね

実際、1989年~2016年の27年間で私立大学の学費は1.37倍(毎年1.17%上昇)国立大学は11.56倍(毎年1.65%上昇)といった感じでずっと上がり続けています

物価のインフレ率よりも教育費のインフレ率のほうが高いという結果も出ています

どの貯め方1番いいの?

じゃあインフレ率を考慮したらどの貯め方が1番いいの?ということですが、試しに年間25万円を貯金だけにした場合を考えてみましょう。インフレ率は0.5%とします

  1. 貯金だけ

25万円を大学に入学する18年間までに貯めると25×18で450万円になります。これだけなら大学費用は賄えるんですが、インフレ率を考慮しなければなりません。

インフレ率を考慮すると、教育資金はインフレしやすいので足りなくなる可能性が高いんですね

  1. 学資保険利用

学資保険を利用した場合、どの学資保険によって金額は異なるので今回は、日本生命が販売するニッセイ学資保険で考えたいと思います

ニッセイ学資保険はほかの学資保険と比べても返戻率が高いのが特徴です

ニッセイ学資保険を利用し、18年間で420万円を保険料として納めると、受取金額は435万円になります。+15万円

そして450万-420万=30万の現金を合わせると、465万円になります。+15万だから学資保険が1番だ!と思った方はインフレ率を入れてみましょう

インフレ率が0.5%のだと学資保険の利回りよりインフレ率の方が高いのでお金は足りない

要は、運用利回りよりもインフレ率の方が高いとお金が足りないという現象が起こるということ

なのでインフレ率を上回るように投資を組み合わせて運用利回りを上げることが大切です

  • 貯金と投資を組み合わせた場合

年25万のうち、13万を貯金、12万を投資したとしましょう

貯金は18年間で約230万

投資は毎年12万万円を年利3%で積み立てて運用すると約280万円になります

すると総額で510万円になります。もちろん投資なのでこの通りにいくとは限りませんが、長期投資だとこの結果になる確率の方が高いことが今までの歴史で証明されています

510万円ならインフレ率を考慮しても足りるし、預金と違って運用しているのでインフレの影響を受けない

じゃあ投資の方が増えるから全部投資にしたらええやん!っていうのはまた違ってくるんですね(笑)

ただ利益が欲しくて投資をするなら問題ないとは思いますが、今回の目的は教育資金を貯めることなので全額投資はリスクが高まるのでやめておきましょう

まとめ

以上の結果を抑えたうえで1番おすすめするのは、貯金+投資だと思います。投資を始めてみるきっかけになるし、この方法が1番貯まりやすいです

ちなみに正しい投資の運用方法はこちらの記事で解説しています↓

教育資金はどうしてもインフレが付き物なので貯金だけや学資保険だと足りなくなる場合が高いです

投資は安全性が完璧ではないので不安になるかもしれないけど、投資ができる環境にいるならやってみる価値はあると思います

ただ、貯金が今0の人はまだやらない方がいいです(笑)何かあった時に危険なのである程度の生活資金を貯めてから始めましょう!

貯金しやすい方法も解説していますのでぜひ↓

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました