【ヤバイ勘違い】確定申告は利益20万以下は不要は嘘

お金の教養

こんにちはゆーです

今回はよくみんながしている勘違いで、副業の稼ぎが20万以下だったら確定申告は必要ないのかについて解説したいと思います。

よく巷でも「利益が年間20万いかなかったらやらなくていいんだよ~」とか「いやいや、20万は関係ないから」など様々な意見が飛び交っていて本当はどっちなの?と思う方がたくさんいると思います

そんな方に今回は確定申告の本当の話を解説したいと思います。副業をするにあたって確定申告は避けられないものなのでしっかり押さえておきましょう!

ちなみにほんとに勘違いしている方が多くややこしいので気をつけましょう

結論

結論から言いますと、これは半分あってるけど半分あってないみたいな感じです。20万円以下は確定申告の必要なし!という言葉が独り歩きしている状態になっています

確定申告の大きな誤解その1

副業利益20万円以下は確定申告不要というのは条件を満たさないといけない場合なのです

だから確定申告をしなければいけない場合もあるということ

そもそも確定申告の役割は、税務署と私たち納税者の手間を省くこと。サラリーマンの給料は年末調整で税金の清算をされますよね。そのあとに確定申告があると手間がかかるから、副業利益20万以下の人はやらなくていいよ、ということです。

そしてこの「副業利益20万以下は確定申告不要!」という言葉だけが広まってしまい、勘違いを起こしてしまっているのです。

お互いの手間を省くためにいらないよ、という趣旨なので、副業利益以外にも確定申告をする場合は20万円以下でも確定申告をする必要があります。

例えば住宅ローンを組んだ時ですね。住宅ローンを組んだ最初の年は確定申告をしなければいけませんよね。

つまり、別件で確定申告をする必要があるなら、副業利益20万以下でも一緒に記載してくださいということです

株の取引きなどの場合も一緒ですね。利益が出た時点で確定申告は必須ということを覚えておきましょう!

大きな誤解その2

2つめの誤解は、副業利益20万以下は確定申告不要というのは、所得税の確定申告が不要ということです。一般的に言われている確定申告は所得税の話になりますが、

住民税の確定申告も必要なんです。これを見て「ヤバイやってない!」という方もいると思います。これは全然浸透していないのでみんな気づいていないんです

まず所得税の確定申告をすると住民税が決まります。ですが、副業利益20万以下で所得税の確定申告をしていないと、住民税が決まりません。なので住民税の確定申告をする必要があります

住民税の方は副業利益20万以下は確定申告不要という制度はないんです。だから各自治体に住民税の確定申告をしないといけません

なので各自治体に問い合わせて、確定申告の用紙を貰いに行ってください!そして提出をすれば完了です

まとめ

ということで今回は確定申告の話をしました!これまでの話を簡単にまとめると、

①利益20万円以上は所得税と住民税の確定申告が必要、別件で確定申告をする場合は併せて記載

②20万円以下は住民税の確定申告が必要

ということです。つまりどっちにしろ確定申告は利益が1円でも出た場合必要なんです。

このような本当の制度を知らない人がたくさんいます。なのでしっかりお金の知識を学ばないと後でつけが回ってくることになります。

なお、確定申告についてはかなり面倒くさいので会計ソフトを使って任せるのがおすすめです

確定申告を半自動で済ませられる超便利ソフトを紹介しています!中にはスマホで確定申告を完結できてしまうものもあります。ぜひチェックしてみてください↓

やってはいけない効率の悪い副業も解説しています↓

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました