確定申告を簡単に済ませる会計ソフト3選!

お金の教養
悩める人
悩める人

確定申告が面倒くさい

楽に済ませる道具ないの?

こんな悩みを解説していきます

確定申告は手書きだとどうしても手間がかかるので面倒くさいですよね。それに最初は何からしたらいいのかわからなくストレスも溜まる

そんな悩みをお金をかけて解決するのが会計ソフトとにかく時間も短縮できるし楽なのでストレスフリーで確定申告を終えることができる

中でも魅力的なのが、半自動でやってくれるところ。面倒くさがり屋からしたら「自動」という言葉にとても惹かれてしまいます。楽できるというのが会計ソフトの1番の魅力

なので今回は様々な種類がある会計ソフトの中でも、この3つを使っておけば問題ない!というものを紹介していきます

他の記事だとたくさんの種類があって結局何がいいのかわからなくなってしまいますが、この記事では3つしか紹介しないので他の記事より選びやすいかと思います!

3種類ともメリット・デメリットともにお伝えしますので、ぜひ最後までお付き合いください!

この記事をお勧めする人は

  • 確定申告を楽に済ませたい人

この記事をお勧めしない人

  • 確定申告はすべて手書きでやりたい人

まずは会計ソフトの説明からしますので、見なくてもわかる!という方は目次の方から飛ばしちゃってください!

会計ソフトとは?

そもそも会計ソフトは確定申告を行う時に使うと便利な道具です。冒頭でも申し上げましたが、確定申告は本来手書きでもできるものですがやっぱり手間がかかるのでなるべく楽したい

会計ソフトを扱う時は料金が発生してしまうのですが、それに見合うコスパの良さがあるので確定申告をするときは会計ソフトを使うことをおすすめしています

要はお金で手間を買ってるイメージです。しかしお金がかかるといっても全然高い金額ではない。そこが会計ソフトのコスパが良いと言われている理由でしょう

会計ソフトって何ができるの?

会計ソフトの役目としては、帳簿記入→決算書作り→確定申告作りをやってくれます

そして決算書と確定申告作りは会計ソフトが半自動でやってくれます。なので手書きやエクセルを使って一生懸命やる必要がない

帳簿記入は家計簿のイメージです。簡単に言うと収入と支出を仕事に置き換えた感じ

そして会計ソフトの役目は私たち個人の帳簿をつけいくこと

手書きだったら領収書で抜けてることろがあるとどう書き直すか考えなくちゃいけないわけですが、会計ソフトはそれを自動でやってくれるので間違えてしまっても大丈夫

もっと言うと毎月会計ソフトに帳簿記入すればお金の流れが把握できて自分の財政状態を知ることができます

確定申告を簡単に済ませる会計ソフト①やよいの青色申告


テレビのCMでもよく聞く「やよいの青色申告」です

値段は約1万円

やよいの青色申告のメリット

  • デスクトップ型なので動作がやりやすい
  • 1回買ったら一生もの

ほかの2つとの差別化されているのはデスクトップにインストールして操作するタイプなのでやりやすいんですね。対するほかの2つはブラウザ上で操作するタイプなので少し扱いずらい

そして基本のクラウド会計ソフトは月額料金がかかりますが、やよいの青色申告はインストールするタイプなので基本1回買ったら月額料金を払う必要がないです

やよいの青色申告のデメリット

  • インストールして使うソフトなので、ネット上で扱うネットバンクやクレカなどに対応するのに少し手間がががる
  • Macbookで使用できない

特にMacbookはインストール型の会計ソフトは使えないのでかなりつらい。なのでMacbookの人はほかの2種類を参考にしてください

「やよいの青色申告」の会計ソフトは下のリンクから購入できますのでぜひチェックしてみてください

確定申告を簡単に済ませる会計ソフト②freee

2つめはfreeeです

料金は1番安いプランで月額980円

freeeのメリット

  • 料金が安い
  • スマホで確定申告できる
  • 別のブラウザで提携することも可能

freeeのデメリット

  • 補助科目が使えない(③で解説)
  • 消費税の申告が必要な人は割高(③で解説)

freeeはやよいの青色申告のデスクトップ会計とは違い、クラウド会計になります。なのでネット環境が必要

freeeの最大のメリットとしては、スマホで確定申告を完結できちゃうところにあります。スマホでクレカの情報を入れたりネットバンクの情報を入れたり、帳簿をつけることだってできます。領収書やレシートの情報を入れることもできます

なので帳簿をスマホでササっと終わらせたい人にはピッタリ

さらに帳簿だけでは終わらず、決算書や源泉徴収票の金額の設定などもスマホでできてしまいます。ほかの2つでもできないことはないのですが、使いやすさという点ではfreeeが1番

そしてfreeeのもう1つの魅力として、月額で加入すればブラウザとスマホ両方契約したことになるんです

例えばスマホで帳簿付けをしていて、「スマホじゃちょっと見づらいしやりずらいな」と思ったときに、パソコンで行うことができるんです

下のリンクから申し込みできるのでぜひチェックしてみてください!今なら無料でお試しできます

確定申告を簡単に済ませる会計ソフト③マネーフォワードクラウド会計

最後はマネーフォワードクラウド会計です。部類としては先ほど紹介したfreeeと同じクラウド会計

こちらは一か月間無料でお試し使用ができ、そこから先は月額3,980円、年間プランに入れば月額2,980円に割引となっております

マネーフォワードのメリット

  • 消費税の申告が必要な人はfreeeより安くできる
  • 補助科目が作れる

マネーフォワードのデメリット

  • 消費税の申告が不要な人はfreeeより割高
  • ブラウザ会計なのでネット環境が必要
  • 月額課金制

といった感じで基本的にはfreeeの方が金額でみると安くなっています

ですがfreeeより安くなる時もあるんです

それは年間1000万円以上の売上があり、再来年から消費税の申告が必要な人です。freeeの1番安いプランだとこの消費税の申告ができないのです

そしてfreeeとの差別化として、補助科目が作れます

補助科目というのは、例えば交際費の科目の中でも「プレゼント、飲食費」に分けたいなど補助の欄を見たい人にとっては補助科目は非常に便利です

そして税理士に申告する時も補助科目があることで、内訳がわかるので経費として通りやすくなったりします

下のリンクから無料でお試しできるのでぜひチェックしてみてください!

ということで今回はおすすめ会計ソフトを3つ紹介しました!どれを選ぶかは人によって状況などが違うので一概には言えませんが、まずMacbookの人はクラウド会計一択(笑)

アフィリエイターとかブロガーなどの売上がネット上で完結する人はクラウド会計のfreeeかマネーフォワードをおすすめします

反対に売上で現金が発生する人はやよいの青色申告をおすすめします

補助科目が必要な人はマネーフォワード会計が良い

スマホで完結させたいならfreee

といった感じになると思います!

ぜひ自分に合いそうな会計ソフトを選んで確定申告を楽に済ませてしまいましょう!下記にもう1度書くリンク貼っておきます!


当ブログではこのようなお金や税金関係をお得にする方法や節約術を解説していますのでよかったらほかの記事もチェックしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました