【お金のプロが教える】素人でも堅実にお金を増やせる本

おすすめ本紹介

今回の記事では誰もが堅実にお金を増やす方法について解説していきます。今まで資産形成を行ったことがない人や老後が年金だけでは心配な方はぜひご覧ください!

この本をおすすめできる人

  • 資産形成やってみたいけど何したらいいかわからない
  • 老後が心配
  • できるだけリスクを背負わずにお金を増やしたい

逆にこの記事がおすすめできない人はこんな人

  • FXなどで一気に金持ちになりたい
  • 既に資産形成を理解して行っている人
  • 高リスクを背負って株で大儲けしたい人

今回紹介する本はこの2冊!楽天ブックスなら即日配達で送料無料。楽天ポイントも2倍なのでおすすめ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンガでわかる シンプルで正しいお金の増やし方 [ 山崎 元 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/5/23時点)



著者は山崎元さん。この方は東京大学を卒業後、保険機関や証券機関など12社の金融機関を渡り歩いてきたスペシャリストです

それでは資産運用について解説します

結論:投資をして国債を買う

資産形成において、まず銀行にお金を預けっぱなしの人にまず著者が言うのは、個人向け国債に預けることです。銀行より利息が高く元本保障が確約されている。そのほかのリスクを取っていいお金は投資信託を買う

まず資産運用のメリットは資産を増やすだけではなく、インフレリスクを避けるためでもあります。インフレとは物価が上がってお金の価値が下がることです。

銀行に預けたままだとインフレが起こった時に物価は上がるのにその分のお金は増えずに損をしてしまいます

それをさけるために資産運用が大切ということです

まず国債を買うということは国にお金を貸すということです。ここで国債を買うときに注意しなければいけないのが、銀行に行って買うときに銀行員は別の金融商品も勧めてきます。それを買ったら本末転倒です。

なぜかというと、金融機関が勧めてくる投資商品にはほぼ100%銀行側しか儲からないゴミ商品だからです。

銀行が買わせる投資商品の手数料は非常に高く、運用管理費も高い。よくあるには定年退職した情弱の人に老後のため~とか言って投資商品を勧めてバカ高い手数料もらって儲ける。銀行には個人の預金残高など全部筒抜けだからその人が買えそうな商品を勧められる。

若い人にも無理やり住宅ローンを組ませて金利で儲けるとかね。つまり国債を買うときは銀行に窓口に行くなというわけです。

じゃあどこで買えばいいの?

ネット証券です。商品ラインナップも豊富で金融機関のようなぼったくり商品の勧誘もないです。

そしてそのあと同じネット証券で、リスクを取れるお金で投資信託を買う※投資信託とは株をお金のプロに運用してもらうもの

投資信託のメリットは色んな企業の株が分散投資されているのでどこかの企業の株が下がってもリスクが少ないんです

じゃあ投資信託で何を買えばよいのかというと、外国株式を6割、国内株式を4割買う。それか全世界株式1本

外国株式は成長性が見込める米国株がおすすめです。他には全世界株式というのもあるのでどちらかを選べば間違いないと思います。

投資信託を買うときは手数料が安いものにする

結論から言うと、手数料は0.5%以内を選ぶことです。そしてその条件に見合うおすすめ証券会社はSBI証券か楽天証券です

SBI証券は手数料0%、楽天証券は0%ではないですが、ポイントで株を買えるというメリットがあります

個人的にはやはり手数料が唯一0円なSBI証券をおすすめしたいです。やはり手数料を払わないで良いのはとても強いです。下記のリンクから無料で口座開設できるのでぜひ開設してみてください↓

そして証券会社で全世界株式か米国株と国内株式を6:4で買う。ここで大事なのは、運用方法はインデックス投資で行うこと。インデックス投資とは簡単に言うと、機械が株価の指標に連動して投資をする方法です。

インデックスファンドの反対にアクティブファンドがあるのですが、こっちは機械ではなく人が実際に運用するものです。なぜインデックス投資が良いのかというと、今までの運用の歴史において人はインデックスに勝てないということが証明されているからです。

という理由で著者はインデックス投資をおすすめしています

インデックス投資のデメリット

当然デメリットのない投資は存在しないわけで、インデックス投資にもデメリットはあります。

1番大きいデメリットは、お金を増やすのに時間がかかるということです。それこそ20年くらいは見積もっておいた方がよいと思います。なので忍耐がないと耐えられない方も少なくないです

ここで考えてほしいのは、インデックス投資で何を求めているのかです。老後の資産形成をの準備なのか、一攫千金を狙うのか。一攫千金を狙うならインデックス投資ではなくアクティブファンドで投資をすべきです。

逆に言えばインデックス投資は時間こそかかりますが、資産が増える確率はかなり高いです。20年株を保持しておけば歴史上負けることはないと思っていいくらいです。

ですので資産形成の目的を考え、インデックス投資が自分に見合ってると思ったら始めるべきだと思います。ある程度ほったらかしでよいので運用も楽です。

ということで今回は資産形成の基本を紹介しました。まだまだ記事では紹介できなかった積立ニーサ、iDeCoのことやお金の正しい増やし方がたくさん載ってるので是非読んでみてください!

最初に紹介したリンクから購入できますので、読んで一緒にお金増やしていきましょう!素人でもわかります

最後までご覧いただきありがとうございました

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました