【定年後は金持ち】iDeCoで老後問題を解決する方法

お金の教養

老後のお金が足りない

年金でも足りない

どうすればいいんだ…

こんな悩みを解消します

最近は政府が老後の年金だけじゃ生活が苦しくなるよという、老後2000万問題が話題に上がっています。2000万問題とはその名の通り、老後資金が2000万円も足りなくなる

前までは定年退職したら旅行に出かけたり好きなことをして第二の人生を歩むことができましたが、今はそれが難しくなりつつあります

旅行に出かけるどころか普通の生活ですら厳しい状況が待ち受けています。年も取ってしまって働くこともままならない状況で2000万円も足りないなんてたまったもんじゃありません

じゃあどうすれば足りるのかという話ですが、自分で老後でも稼ぐ能力を身に着けるか、投資をして増やしていくしかありません。そこで今回は投資で増やす方にフォーカスを当てて解説します

政府としても積極的に積立NISAやiDeCoを推奨しているので、投資は危険だ!なんていう時代はもう古いのです

そもそも投資は騙された人が多すぎるからであって、正しい投資をすればお金は増える可能性の方が高いです

投資で騙されたくない人はこちらを読んでみてください。投資詐欺の定番で1番被害者が多い手法を解説しています

前置きが長くなってしまいましたが解説していきます

iDeCoとは

iDeCoの仕組みは私的年金制度といって、自分で毎月お金を積み立てて60歳を超えたらそれが戻ってくる。もちろん投資なので、自分で金融商品を選んで積み立てていきます

iDeCoのメリットとしては、積み立てているときの支払いが0になります。通常の株投資なら運用手数料なり色々取られるんですがiDeCoはそれが0になる

さらにその0になった分が、所得から控除として引かれて節税にもなります

そしてiDeCoの最大のデメリットですが、積み立てたら最後、60歳まで引き出すことができない。受け取るときは課税

まさに自分で作る年金って感じですよね

idecoの特徴

iDeCoの特徴としては次の通り

  • サラリーマン、主婦、公務員と幅広い職種の人ができる
  • 積立額は14.4万~81.6万まで
  • 運用する場合の税金が非課税
  • 一括で受け取るか分割か選べる
  • 60歳まで引き出せないので、1回積み立てたら60歳まで解約不可

iDeCoのデメリット

iDeCoのデメリットとしては、先ほど書いたようにやはり60歳まで資金が拘束されるのが1番でかい。でも逆に言えば、定年後の資金は申し分ないくらいあると思います

そして手数料が色々とかかってしまい、少し高い

そして投資する商品を自分で選ばなくてはけないこと。ですがこれについては後におすすめの金融商品を紹介します

デメリットはこのくらいで数は少ないですが、1個当たりのデメリットのダメージが少し大きいかなとは思います(笑)

資金を受け取るときの税金について

先ほど解説したように、iDeCoは積み立てたお金を受け取ると課税されます

主に退職金課税か年金受け取り課税として税金を払うのですが、この2つは基本的に税金制度が優遇されていて税金の負担は比較的軽い

iDeCoに入るとメリットが大きい人

ここまでの税負担を踏まえたうえで、iDeCoに入るとメリットが大きい人は税金をたくさん払っている人ですね!年収が高かったりする人はその分普通の人より税負担が大きいので、iDeCoを始めれば積み立てている分の税金が控除になり、税負担が安くなります

そして60歳まで引き出しができないという拘束に抵抗がない人です。やっぱり定年後まで引き出せないのは精神的な負担がかかってしまうので人によっては、通常の株投資で利益を受け取りたいときに受け取るのが良いのかなと思います

投資商品は何を選べばいいの?

投資商品は結論、米国株を選んでおけばOKかと!やっぱりアメリカは強い

さらに言うと、米国のS&P500という商品。S&P500は簡単に言うとアメリカ版の上場企業みたいな感じ。アメリカの上場企業なんて世界トップクラスだから損失が出るなんてまずないんですね

さらに日本に比べるとアメリカの株価は歴史上右肩上がりです。ということは利益がでる

基本的に20年以上の長期投資なら歴史上損失は出ていないので歴史にかける価値は充分にあると思います

ということで今回はiDeCoの概要や投資商品を紹介しました!当ブログではこのようなお金の知識や税金や節約術を紹介しています!

iDeCoの他にも年金を増やす方法を解説しているのでぜひ参考にしてみてください!↓

ぜひ他の記事も読んでみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました