【申請をしても無効になる】ふるさと納税の注意点と対策

お金の教養

今回はふるさと納税をしても無効になってしまう場合を解説します

無効なのでふるさと納税をしたことがなかったことになり、大損してしまうので絶対覚えておきましょう

特にサラリーマンの方は必読レベルです!

せっかく色々な手間をかけて行ったのに無効になったら最悪ですよね。そうならないためにも今回の記事でこのようなトラブルが起こらないように知識をつけていきましょう!

ふるさと納税の詳しい説明と利用方法はこちらの記事で解説していますのでわからない方はぜひ読んでみてください!

ふるさと納税をざっくり説明

ふるさと納税の説明をここではざっくりと説明させていただきます

実質2,000円負担で地域の特産品をゲットできる

住民税を前払いすることで翌年の住民税がその分払わなくてよい

特産品で食費や生活費が浮く

と、こんな感じで必ずお得になる制度です。デメリットとしては、翌年の住民税を前払いするのでその分の資金繰りがずれるくらいです

ゲットできる特産品の割合は、納税した金額の約3割となっています。3万円納税したら9000円くらい(納税できる金額は年収によって異なる)

ですが、3万円納税して9000円分しか元取れなかったら損してますよね。そこで確定申告かワンストップ特例申告を利用します

これらを利用すると3万円納税した場合は28,000円お金が返ってきます。つまり実質負担2,000円で特産品をゲットできるということです。

払った3万円は翌年の住民税の前払いとなり、翌年払う必要がないので帰ってくる仕組みです。2,000円の負担は手数料なんだなと思いましょう

ふるさと納税の申請

ふるさと納税の申告をする際は、確定申告かワンストップ特例制度のどちらかを利用します

ですがワンストップ特例制度を利用できる人は条件があるのでその条件を解説していきます

  • 収入が給料のみのサラリーマン
  • 年間の寄付先が5個以下
  • 自治体に申請書を提出する

この3つが揃えばワンストップ特例制度が利用できます。つまり利用できるのはサラリーマンの方ということ

ですがワンストップ特例制度にも落とし穴があり、注意しないと確定申告より損をしてしまう場合があります

具体的には、まず確定申告とワンストップ特例制度では計算方法が違うため、小額ですが金額がずれてしまうことがあるのです。そして金額の差でいつも損をするのはワンストップ特例制度の方、、、

もう1つは、確定申告よりやることが多いことです。寄付先の自治体に申請書を出したりしてちょっとめんどくさいのです

対して確定申告は、スマホ1つでできたりするけれど、サラリーマンの人は確定申告をあまりしたことがないと思うのでどちらを使うか悩みどころ

そしてワンストップ特例制度にはもう1つ最大の弱点があります

ふるさと納税の注意点と対策

それは、ワンストップ特例制度は手続きを間違えてしまうと無効化されてしまうのです。無効化なのでふるさと納税したことがなかったことになる

つまりただお金を払っただけになる。痛いですよねこれ

【無効化になる条件としては次の通り】

サラリーマンが年末調整で税金を確定させます→ワンストップ特例制度を使ってふるさと納税完了→けれど翌年、何らかの理由で確定申告をしなければいけなくなってしまった→確定申告をする

流れとしてはこんな感じです

つまり、ワンストップ特例制度した後に確定申告を利用すると無効になってしまうんです

年末にワンストップ特例制度でふるさと納税を完了させたサラリーマンが、「確定申告したら税金お得になる控除あるから確定申告もしとくか!」と言って確定申告をしてしまうとふるさと納税が無効になってしまうということ

これはまだ知らない人が多くて実際にこの落とし穴にはまってから気づく人が多いです

じゃあワンストップ特例制度と確定申告は両立できないのかというと、対策法もちゃんとあります

ふるさと納税で無効にならないための対策法

ワンストップ特例制度を使ってふるさと納税をした人でも、確定申告をする用がある人はいますよね。そのような人の救済措置を解説します

確定申告をする際に、ふるさと納税の情報をもう1度記載することです

確定申告書の第2表の右下に、寄付金控除の欄に金額を記入したり、寄付金控除の明細を書いていくと対策されます

スマホでできるシステムもあるのでぜひ使ってみましょう!

ということで今回はふるさと納税で損をしない対策法を解説しました!ワンストップ特例制度にはこのようなリスクがあるので注意が必要ですね!

ないという人は確定申告で済ますのをお勧めします。そうすればリスクを必要がなくなるのでいう人は確定申告で済ますのをお勧めします。そうすればリスクを必要がなくなるので

もしワンストップ特例制度でふるさと納税をしてしまって確定申告をしなければいけない用ができても、確定申告書にもう1度ふるさと納税を情報を記載すれば問題ないので安心しましょう!

当ブログではお金で得をする方法やぼったくりや詐欺に騙されない知識を紹介していますのでぜひ他の記事も読んでマネーリテラシーを高めていきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました