【やらないと後で損する】副業を始める人がやるべきお金の申請

お金の教養

こんにちはゆーです

今回は副業を始めたらやるべきことについて解説します。やらないと後々大変になってくることなのでぜひ今回の記事で覚えていってください!

このあと解説するのは確定申告などの税金の話ですので、副業でアルバイトをしている方は関係のない記事となっております。

この記事を読むべき人は会社員で副業をしている方です。やってはいけない副業についても解説しているのでこちらも読んでみてください!

この記事を読めば、副業を始めたときにお金で損をしない方法とやるべきことが明確になります。いいスタートを切るためにも必ずやりましょう!

確定申告の準備

まず絶対避けられないのは確定申告。この名前を聞くだけで分からないし、嫌~!という方もいると思います。ちなみに僕もそのうちの1人です(笑)

副業の確定申告は利益が20万を超えなければしなくてよい、という話をよく見かけますが嘘なので注意してください。確定申告は必須となります。

なぜ嘘なのかはこちらで解説しているので併せて読んでみてください!

そして確定申告に必要になってくるものはレシート、領収書です。必要というかあれば税金でお得を取れることです。

レシート、領収書を取っておけば、開業準備費用として使ったお金が経費になり節税になります。副業といえども立派な事業ですからね!

副業をこれから始めるよという人は絶対取っておいてください!

確定申告を半自動で済ませられるソフトもあるのでチェックしてみてください!中にはスマホでできちゃうものもあります↓

開業届を出す

開業届は出すだけで副業で稼いだ収入を事業所得と認められ、税金の面で有利になる可能性があるのでぜひ出しましょう。

会社が副業禁止という人も開業届を出したから会社にばれるなんてことはないので、安心してください

青色申告承認申請書を出す

続いては青色申告申承認請書です。青色申告は自己申告制なので自分で税務署に申請しないといけません。開業届と同時にやることとして覚えておきましょう。

なぜなら期限が開業届を出してから2か月以内だから。この2つはセットで覚えておきましょう

ちなみに青色申告申請書は出したら一生そのままでいいんだ!ではなく、白色申告か青色申告どちらを選ぶかの権利を貰える者みたいな感じです。白色申告だと意味がないので、手間はかかりますが青色申告にしましょう。

手間がかかる分、メリットが絶大です。

主なメリットとしては、10万円、55万、65万円を控除として引けるから節税になる。10万以上~30万以下の高額な買い物を経費にできる。身内に給料が払える(申請が必要)などの大きいメリットがたくさんあります。やらない手はないでしょう

注意点】

青色申告控除で55万円か65万円の控除を受けるには青色申告承認申請書で「複式簿記」を選択しないといけないので見落とさないようにしましょう

簿記は無理!って思った方、会計ソフトが計算してくれるのでご安心を(笑)

確定申告、青色申告の手順を全て解説している最強の本

先ほど説明した申告書などのやり方書き方が分からない人のためにおすすめの本があります。それがこちらです。


フリーランスと書いていますが、副業にもかかわる話だし、税金のことを知ろうと思ったらまず読んでおきたい1冊です。

確定申告や青色申告などの難しい手順をすべて画像付きで解説されています。これほど丁寧な本はないです

現役税理士さんが分かりやすく解説してくれてます!そして何よりマンガなので読みやすすぎる

この本のレビューは以下の記事でも解説してるのでぜひこちらも読んでみてください

ということで今回は副業を始めるときにやるべきことについて解説しました。どれも経験したことがないので難しいし大変だとは思います。

ですがそこを超えた先にお得が待っていると思って、いい副業スタートができるように頑張りましょう!先ほども言ってますが、詳しい手順は全部本に載っています!

タイトルとURLをコピーしました