学生でも親の反対を納得させてクレジットカードを作る方法

お金の教養

学生でクレカを作りたいんだけど、

親が反対して作れない

どうすれば納得させられる?

学生でクレジットカードを使いたいのに、親がに反対されて作れない。と悩んでいませんか?

この記事で紹介する『親を説得してクレジットカードを作る方法』を実践すれば、高確率で親の反対を和らげ、クレジットカードを作れるようになります。

なぜなら、僕もこの方法を実践して、クレジットカードの作成に反対していた親を説得させ、クレジットカードを作ることができたからです。

この記事では、クレジットカードの作成の許可をもらうためのコツを3つ紹介します。

この記事を読め終えると、クレジットカードを作る理由の理論性や納得させる説得力が増し、学生でもクレジットカードデビューをすることができます。

かなり実用性のあるやり方ですので、ぜひ参考にしてみてください。

学生でも親の反対を納得させてクレジットカードを作る方法

結論から言いますと、親の反対を乗り切る方法を使う条件を付けることです。

条件というと少し閉鎖的に考えてしまう方もいるかもしれませんが、そこまできついものではないです。

そもそもなぜ親がクレジットカードに対して反対をしているのかご存じでしょうか?ここからは反対する主な理由について少し掘り下げていきます。

条件だけ知りたいという方は、目次からスキップしていただけると、飛べます。

親がクレジットカードの作成に反対する理由

金銭感覚の麻痺の懸念

1つ目は金銭感覚が麻痺してしまうのではないかという理由。

これは最ものことですし、クレジットカードの使い方で1番良くない使い方ですよね。

ですが、学生が使いすぎを防ぐための方法を後述していますので、使いすぎへの心配も安心させることができると思います。

お金値の知識が薄いため、カードで買い物させるのは心配

これも最もな意見。笑

学生の皆さん、リボ払いって知っていますでしょうか?

この制度を知らない人は残念ながらクレジットカードを持つ資格はありません。

リボ払いは今でこそ世間にも名が浸透してきたかもしれませんが、大人でも分からない方は結構います。

簡単に言うと、借金を返しているのに利息分しか返せてないみたいなことです。

どうです?めちゃくちゃ怖いですよねこんなこと。

そもそもクレジットカードはある種借金ですから、その借金をいくら払っても返せていない状態になると、借金が減らずに一生高い利息を払い続けることになります。

リボ払いやカードローンの知識は必須知識なので、絶対に覚えてから作りましょう。

冗談抜きで人生詰みますよ。

・自分がクレジットカードで失敗したから

過去に親御さん自身がクレジットカードで失敗したから、若いうちから持たせておくのは自分のようになりかねない、という意見ですね。

こちらも今回の条件を考えれば考慮できるのである程度は心配ないかなと。

主な理由は以上の通りなのですが、持たせたくない理由は感情の心配がほとんどなんですよね。

もちろん、自分の子がクレジットカードで失敗して人生を台無しにしてほしくないという気持ちはよくわかります。

ですが、各家庭で使い方、使い道を決めて使えば大惨事はほぼ対策できると言ってよいでしょう。

ここからはクレジットカードによる大惨事の対策、そして親を説得させる条件について解説していきます。

親の反対を乗り切ってクレジットカードを作るための条件

親の心配してくれている心を納得させるためには、クレジットカードの使い方、使用するときの約束、定期的な確認の3つが主な条件になります。

1つずつ解説していきますね。

条件①なぜクレジットカードを作るのか、理由は説明できるようにする

これは絶対条件ですね。

そもそも目的がないとクレジットカードを作ろうとは思わないで、ほとんどの人が大丈夫だとは思いますが、何に使うのかは最初に決めましょう。

そして当然ですが、しっかり親が納得するような説明をできるようにしておきましょう。

例としては、今の時代、Netflixやhuluなどのサブスクが流行ってきてますから、

「サブスクを利用するときにクレジットカードがないと支払いが面倒くさくて不便なんだ」みたいな理由。

コツとしては先ほどのサブスク利用のように、クレジットカードじゃないと支払いができないサービスを利用したいという理由にすると説得しやすいです。

1番よくないのは、見栄で作ること。

「持っていると大人に見えてかっこいいから」なんてダサい理由では目的になってないし親も反対せざるを得ないのでやめましょう。

条件②使用するときは親に確認してみる

使用するときに親に確認を取ること。

人によっては面倒くさく感じるかもしれませんが、1番効果があると思います。

なぜなら、使用するときに親に確認を取れば、クレジットカードの使いすぎや、詐欺に遭うような、クレジットカードでの失敗をする確率が少なくなるからです。

実際に僕も現時点ではこの方法でクレジットカードを利用しています。

なにより、親のフィルターを通しているので、金銭トラブルが発生する確率少なくなると思います。

ここで勘のいいひとは疑問に思ったかもしれませんが、子どもが黙って利用したら親もわからなくない?という疑問です。

ですが、この問題についても次で対策案を出しているので大丈夫です。

条件③定期的に履歴確認

クレジットカードは購入履歴を見ることができるんですね。

そこで、定期的にクレジットカードの購入履歴を親にチェックしてもらう制度を設ければ、仮に子どもが黙って使用したとしても履歴でわかります。

こんなの常に監視されてみたいじゃないか!と思う方もいるかもしれません。

ですが、正直社会人になるまではこのくらい条件をつけておかないと金銭問題が起きる確率がとても高い。

学生なのでまだ知識も浅いし、社会経験もない。

なので、あくまで学生の間はクレジットカードの使用に慣れるための練習と思ったほうが方がよい。

狭苦しくてストレスを感じる方も多いと思いますが、これでクレジットカードを作れるならって考えたら全然きつくないです。

なぜなら、学生のうちはクレジットカードの利用してまで買うものはそこまで多くないので、親に許可を取りにいく回数もそこまで多くはならない。

クレジットカードの購入履歴のチェックも、学生なら使う頻度も多くないと思うので、月1や2ヶ月に1回くらいで良いと思います。

クレジットカードを作れるようになったらどこがおすすめ?

以上、クレジットカードを作るための工夫などについて紹介してきました。

じゃあクレジットカードを作れるようになったどこのカードを作ればいい?という話ですが、おすすめするのは楽天カード一択です。

理由としいては、楽天という社会的信用のあるブランドなので、基本的に安全(リボ払いをしなければ)

また、ポイント還元があるので、買い物をすればポイントが溜まり、ポイントで買い物ができる。還元率は100円で1ポイントです。

実際、ポイントが倍になるときもあるので結構お得なんです。

そして今なら作るだけで5000ポイント付き。

お得しかないです。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、併せて読んでみてください!そのままクレジットカードも作れます。

当ブログではお金に関する便利知識や、節約、投資などについてまとめています!

便利な知識を揃えていますのでぜひ読んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました