決算書の勉強をするときに楽しく実践的に学べる一冊

おすすめ本紹介

こんにちはゆーです

今回は決算書の読み方の勉強を始める際、個人的に最初に読むならこの一冊!と思う書籍を紹介したいと思います。

決算書が読めるようになるには財務諸表というのが読めなければいけません

まず財務諸表とは3つ要素があります

貸借対照表(BS)

企業が保有している資産の合計。お金をどれだけ持っていてどれだけ負債があるか

損益計算書(PL)

企業の売り上げ。お金をどれだけ稼いでどれだけ使ったか

キャッシュフロー計算書(CS)

現金の増減を表すもの

この3つが今まで簿記をやってこなかった人でもこの本を読めば財務諸表が読めるようになります

その本がこちら!「世界一楽しい決算書の読み方」です


楽天ブックスなら送料も無料なのでおすすめです

この本の良いところは、クイズ形式になっていて実際の企業の決算書を紐解いていきます。なのでただ語句を覚えるだけではなく、「なぜこの決算書になるのか」といった企業のビジネスモデルや実際に自分で決算書を読む時の実践力が鍛えられます

決算書が読めるようになると次のようなことができます

・就活生

決算書などを用いてどんな事業を展開しているのか、今後伸びそうな企業、年収が高い企業を分析し予測ができる。また、分析で得た情報を志望動機に組み込むことで説得力が増す。

・投資家

決算書を用いて今後伸びそうな企業と落ちそうな企業を分析して判断材料にできる

などなど、決算書が読める様々な場面で未来を予測することができます

そして決算書が難しいと思っている人もいると思いますが、この本を読めば決算書を見るのが楽しいと思えるようになると思います!

ということで今回は世界一楽しい決算書の読み方を紹介しました!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました